Chronocoin(クロノコイン)登録・購入方法:カルダノ佐々木健二氏参加で注目!

Timeinnovation:Chronocoin

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

Timeinnovation:Chronocoin(クロノコイン)

 

無駄に過ごしていた「時間」が「価値」に換わる!?

 

2017年の新規公開(ICO仮想通貨)は、本当に投資価値のあるものでした。

 

しかし、2018年に入り仮想通貨全体が低迷し、新規公開(ICO)は殆ど高騰することなく大暴落と言う結果なっています。

 

そんな状況でありながら、クロノコインを購入・紹介しようと思った理由をこのサイトで想う存分紹介します。

 

とは言え伝えたいことが多すぎて、各項目を詳しく解説していますととっても長い文章になり、皆さんもお読みになるのが大変だと思います。

 

ですので、このページでは要点だけを記載し、それぞれ特設ページで詳しく解説していきます。

 

まずは、私たちがどのようにタイムコインと関わるのかを画像を交えながら観て行きましょう。

 

タイムコインは、今まで何となく(無駄に通り過ぎた)過ごした時間を目に見える価値に変えます。

 

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,Chronocoin,Chronopoint

 

★ 目に見える価値とは?

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★ 例1:距離を価値に変える(マイル)

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★ 例2:時間を価値に変える(クロノポイント)

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

■ マイレージ:距離に対して価値(マイル)を付与

 

■ Tポイント・楽天ポイントなど:購入に対して価値(ポイント)を付与

 

■ Timeinnovation:時間に対して価値(ポイント)を付与

 

★ Timeの仕組み

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★実はBeaconは既に利用されているんです

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★水族館におけるTimeソリューション

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★新江ノ島水族館ではBeaconを設置し、こんなサービスを

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★百貨店におけるTimeソリューション

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★飲食業界におけるTimeソリューション

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★タクシー業界におけるTimeソリューション

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

★利用者のメリット

 

今まで単純に消費していた時間をポイントに変えることにより、以下のようなサービスを受けることが可能となります。

 

■ @:待ち時間を含め、滞在したすべての時間にクロノポイント がもらえる
⇒行列も渋滞、ポイントがらえてストレが軽減される

 

■ A:店舗・時間帯によって異なるが、 例えば混雑時に素早くランチ を食べただけでもクロノポイントがもらえる、閑散時間帯の入店でクロノポイント付与なんてことも可能

 

■ B:時間を有効利用する工夫が各店舗やサービス施設で行われるので、商品との出逢いの可能性が広る⇒滞在による 副次効果

 

■ C:獲得したポイント数に応じて店舗ごとのVIP待遇サービスなどを受けることが可能となります。

 

■ D:Beacon、アプリケーションを用いた行動情報などの情報から現在の状況に適したサービスを受けることが可能となります。

 

★加盟店のメリット

 

■ @:集客効果がある(競合店との差別化)
⇒あの店はクロノポイントがもらえるから行こう!

 

■ A:販促が可能(暇な時間帯にポイント3倍アップなどのタイムサービスなどを行う)
⇒ピンポイントで、稼働を高めたい時間に販促が可能となり、集客アップにつながります。

 

■ B :新規売上につながる可能性がある
⇒水族館の例のように、ぬいぐるみとサンドイッチは、本来無かった売上・リピーターの獲得効果もあり

 

■ C:一定時間以上の滞在時間によるポイント付与等の設定が可能
⇒パチンコ、ショッピングモールやゲームセンター等、売上が滞在時間に直結する業種での、顧客滞在時間の延長が可能となります。

 

■ D:DMPを活用し、利用者の行動履歴や位置情報等の情報を得る
⇒利用者に合わせたマーケティング施策を展開することができます。

 

★Chronocoinを保有されている方のメリット

 

Chronopoint(クロノポイント)も、他のポイント発行会社が最も多く採用している「最終利用から1年が経過した場合失効」する仕組みを採用していますが、この失効したChronopoint(クロノポイント)をChronocoin(クロノコイン)を保有している割合に応じて、再分配するという仕組みを業界で初めて採用します。

 

昨今のICOではコインの投機目的のみでコインを購入するケースが多くありますが、このChronopoint(クロノポイント)の再分配という方式を採用することで、【事業の拡大=報酬】に直結することとなり、Chronocoin(クロノコイン)保有者は、本当の意味での事業への投資が実現できます。

 

Timeinnovation:Chronocoin

 

ここまでお読みになりこんなこと思われませんでしたか?

 

 

確かにポイントが貰えるなら、こんな仕組みがあれば使いたいなぁ。

 

でも、本当にこんな技術が開発できるの?


 

実はBeacon技術って、クロノコインの構想が始まる前からすでに開発されているんだよ。

 

それに、Timeinnovation のCEOは、Beacon技術でマイクロソフトから表彰されているんだ。


 

えぇ!そうなんだ、でも使える加盟店は本当に増えるの?


 

そうだよね。そこが一番心配するとこだね!

 

心配いらないよ、もうちゃんと準備されてるから」と言いたいとこなんだけど、やっぱり信頼する確かな情報が欲しいよね。


 

ポイントを貰うだけならいいけど、クロノコインを買うならそこのところが重要になるよね。


 

分かりました、取りあえず「心配いらないみたいだな」と言う感じはつかめましたね。
では、Beacon技術開発と加盟店のことは他のページで詳しく解説することにしましょう。


 

クロノポイントが貰える」と言っても加盟店が本当に増えるのかが必要ですね、こんな不安も各ページで解説しています。

 

 

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

更新履歴
トップへ戻る