Timeinnovation:Chronocoin(クロノコイン)・クロノポイントの事業内容

クロノポイントの事業内容

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

事業内容

 

Bitcoinが誕生し、Blockchain技術が世界を変える、そんな人類の歴史において最大の変革の真っただ中に私たちは生きています。

 

世界は、誰かが管理する中央集権で成り立ってきました、ところが中央集権は権力を持った方が自由に改ざん可能な今までのデータ管理は、大きな問題が多々発生しています。

 

隠ぺい・もみ消し・データ改ざん・偽りのデータ保存など、お金の為にあらゆる嘘に変更してきました。

 

そんな管理方法を真っ向から変えることができるのが、分散管理(管理者が無く書き換えができない):Blockchain技術です。

 

データ改ざん・隠ぺいができないことで、事実のみが歴史に刻まれていき、一部の方が権威を利用することも不可能になります。

 

そんな中、今まで気にも留めていなかった、ただ経過していく時間に目を向け、誰もが持つ「大事な時間をお金(価値)に変えることができないか?」と考えられた仕組みがTimecoin事業なのです。

 

Timecoin(Time Innovation CEO:佐和田氏)は、Beacon技術が発表された後、いち早くソリューション開発に取り組み、Beaconソリューションの第一人者としてマイクロソフト社に表彰されています。

 

Time Innovationのプラットホームは、そのBeaconソリューションの集大成でもあります。

 

BlockchainBeaconソリューションが、今まで知らず知らずに経過していた時間を、有意義な価値に変えて行きます。

 

このカテゴリーでは、事業内容を掘り下げ、分かりやすく解説しています。

クロノポイントの事業内容記事一覧

ポイント事業:TIME経済圏という構想とは?ポイント事業を解説するには、如何にポイントを提供し[如何にポイントを獲得できるのか?]と言う点を知る必要があります。まずこの構想は、様々な事業分野への汎用性が高いことが実現の要素であると考えています。特に、時間と価値の変換という観点から、親和性が非常に高いのが特徴です。テーマパークのような場所:既に、テーマパーク内でのみ使用可能なポイントが存在しているの...

タイムポイント導入からポイント付与の流れ加盟企業は、利用者に付与する為にタイムポイントを購入し、各施設・店舗にBeaconを設置します。利用者は、スマートフォンアプリケーションをインストールし、加盟企業・店舗などでの滞在時間に対しタイムポイントの付与を受ける。TimeInnovationは、利用者の行動履歴からマーケット情報の集計(ビッグデータ)を取ります。それぞれが相互的にメリットを受け取れる仕...

国内大手の市場調査会社:株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)様は、国内ポイントサービス市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにしています。株式会社矢野経済研究所様調べによる詳しくはホームページをご覧ください(解説あり)⇒こちら(外部ページが開きます)ポイント市場の動向上グラフの通り、2017年度の国内ポイントサービス市場規模は、1兆7,974億円まで拡大しています。...

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

トップへ戻る