Timeinnovation:Chronocoin(クロノコイン)・クロノポイントの事業内容

クロノポイント事業

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

 

ポイント事業:TIME経済圏という構想とは?

 

ポイント事業を解説するには、如何にポイントを提供し[如何にポイントを獲得できるのか?]と言う点を知る必要があります。

 

まずこの構想は、様々な事業分野への汎用性が高いことが実現の要素であると考えています。

 

特に、時間と価値の変換という観点から、親和性が非常に高いのが特徴です。

 

テーマパークのような場所:

 

既に、テーマパーク内でのみ使用可能なポイントが存在しているのは一般的な常識となっています。

 

Time Innovationのプラットフォームは、幅広い事業と密接に連携をすることで、行動管理情報を活用し提案型サービスを実施します。

 

また、集客を行いたい場所へ誘導を行い、TIME経済圏を拡大させることでよりサービスを提供できる場所の拡充を図れ、相互補完が可能になります。

 

例:パレードを始める時間を告知したり、タイムサービス情報などを流すことも可能です。

 

ビジネスモデルの一例を紹介

 

飲食産業について:

 

個人に滞在してもらった時間に応じてサービス提供をする。

 

例えば、行列ができ、1時間待たないと食べることができないレストランがあり、おいしいご飯を食べるために消費者は行列に並ぶのが人気のお店では当たり前の光景ですね。

 

そんな並ぶ人の中には「こんなに並ぶなら他の店に行こう」と考える方も見えます。

 

そんな時、並んだ時間に応じてポイントが付与されるなら消費者は並んだ時間に価値が生まれ、浪費した時間が有意義となります。

 

となると「ポイントが貰えるから待とうか」と言う考えに変わる可能性は高いですね。

 

加盟企業は、並んでいる消費者がポイント付与により、待ち時間に新たな価値を付けることで、競争率の激しい飲食業界で差別化を図ることが可能となります。

 

交通産業について:

 

タクシー・ハイヤー等の交通手段にあわせ、移動にかかる時間に対して消費者にポイント付与されるサービスを提供することで、他社との差別化を図ることが可能となります。

 

百貨店やショッピングモール:

 

サービス展開は大きな商圏となるでしょう。

 

多くの商用の建造物はエスカレーターの位置などを調整し、消費者を滞留させる構造となっています。

 

突然エスカレーターの入り口が反対になっていることに出会ったことはありませんか?「なんて不便なんだろう」と考えますが、これも百貨店側の策略の1つです。

 

滞在時間が長ければ、様々な商品を気長に見ることが出来るので、購買意欲が高まる可能性が高く、実際にその統計も出ているのです。

 

もし、利用客にあと30分滞在することでコーヒー1杯無料券がもらえるサービスを付与すれば、コーヒーと一緒に軽食を食べてから帰る利用客が現れたり、さらに収益が上げることが予想されるのです。

 

ただ滞在することでポイントが溜まるのであれば、購買欲のない利用客も無駄な時間を過ごすわけではないので、溜まるポイントが次に来店する起因となる事も考えられますね。

 

店側からすると多くの人を招くためのブランディングとなりえるのです。

 

IR産業について:

 

現在、公営の競馬・競艇・競輪等の娯楽産業がありますが、遊戯人口が減っており、経済圏の縮小が問題になっています。

 

実際に体験することにより、認知を深め、そこへの集客率の向上を図り、娯楽産業の退廃を防ぐ事に役立てることができます。

 

またカジノのようなIR産業への参入を図り、日本文化発のカジノの広告と産業の拡大の一助を図る事も可能。

 

観光産業についても、2020年の東京オリンピックの開催に向け、日本が外国人観光客に力を入れているようにインバウンド市場の獲得を図れます。

 

 

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

トップへ戻る