クロノポイント事業注目の理由|クロノは高騰するコインか?与沢翼対談動画

高騰するのか?与沢翼

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

 

TimeInnovationCEO:佐和田悠葵×与沢翼 スペシャル対談

 

Timeとは?

 

時間に価値」と言う考えは良い考えだと思う。

 

Beaconで正確な位置(座っている席)・訪問した回数を把握でき、サービス提供の情報としてビッグデータとして蓄積できる。

 

時間にポイントを付与することで、今までに無かった経済圏を生み出すことができる。

 

インターネットで購入することで買い物の時間を節約する時代に、買い物をする時間を使ってもらえたらポイントを付与することで対抗できる。

 

など、導入企業は、お客様を呼び戻す為にTimeが役立つ。

 

ブロックチェーンを使う事で、改ざん出来ない安全なポイント管理が可能。

 

投資家目線ならコインが高騰するのか?

 

今までにない画期的なプロジェクトなので、将来性は

 

与沢翼氏:投じるなら価格が上がるのか?それとも事業の成功を見た方が良いのか?

 

CEO:佐和田悠葵氏:正しいブロックチェーンの活用を実現することを目標とするので、新しい経済圏が生まれれば自然に高騰するはず。

 

既にソフトウエアーも稼働しているので、現実にTimeが流れるのを見てほしい。

 

既に5,000店舗を傘下に収める企業(一部上場)が参加・短期人材派遣の企業も参加しており、Timeが動き出す準備は整っている。

 

与沢翼氏:「Timeが中身のある通貨になってほしい」と言う気持ちが「1億円を投資した」と言う幕に表れたのか?。

 

 

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

トップへ戻る