TimeInnovationがBeacon技術を用いたビジネスモデルの特許を出願

ビジネスモデルの特許出願

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

【Beacon技術】特許出願日:2019年3月13日

 

TimeInnovationがBeacon技術を用いたポイント事業におけるビジネスモデルの特許を出願致しました。

 

TimeInnovation Pte. Ltd. 2019年3月14日 14時00分

 

プレスリリース【Time InnovationがBeacon技術を用いたポイント事業におけるビジネスモデルの特許を出願致しました。】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000037858.html

 

海外だけではなく、日本国内にも幅広く展開されるTimeInnovationのポイント事業における革新的なビジネスモデルの特許を日本有数の特許事務所である「山本特許法律事務所」より特許庁へ特許の出願を行ったことを発表致します。

 

これで、名実ともにオリジナル事業を展開することになります。

 

仮想通貨の神と呼ばれる佐々木健二氏がチェアマンに就任したのも、世界初のポイント事業にマイクロソフトに表彰された優れたBeacon技術を用いたビジネスモデルだからです。

 

TimeInnovationビジネスモデル

 

時間革命】がビジネスモデルのコンセプト!

 

TimeInnovation Pte.Ltd.(本社:シンガポール 代表取締役CEO:佐和田悠葵)は、独自の発想で世界初のポイント事業を行います。

 

裕福な人でも貧困でも共通して持っている時間を、独自の発想で通貨に変える仕組みを構築。

 

例えば、

 

・飲食店で過ごす時間

 

・ショッピングモールで過ごす時間

 

・商業施設で過ごす時間

 

・人気店での待ち時間

 

等を、ポイントとして可視化するサービスを展開。

 

ビジネスモデルの特許出願

 

 

名称変更:TimeCoin→ChronoCoin

 

特許出願に伴い、CoinMarketCapに既に存在するTimicoin(TMC)と混同することを回避するため、名称変更を行いました。

 

ビジネスモデルの特許出願

 

Timecoin・Timepointとして、ポイント発行企業にもTimecoinを販売し、広告活動も行ってきましたので、Timecoinのままプロジェクトを進めて行けるのが、Timecoin保有者・TimeInnovation.にとって最善だと思われますが、今後Timecoinが認知されていく段階で混同するより、上場前の今のタイミングで名称変更する方が困惑の度合いが低いと考えられます。

 

※2019年3月12日よりTimeCoin・TimePointからChronoCoin・ChronoPointへ名称を変更。

 

Time Innovation

 

【シンガポール法人】

 

タイムイノベーション株式会社 シンガポール法人 Time Innovation Pte. Ltd.

 

事業内容:ChronoCoin(クロノコイン)の発行、アプリケーション・ブロックチェーンの開発

 

役員:CEO 佐和田 悠葵

 

【カンボジア法人】

 

タイムイノベーション株式会社 カンボジア法人 Time Innovation Co.,Ltd.

 

事業内容:ICO販売に関する業務

 

※このページからIEO価格よりお得に購入できます。

 

 

 

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

トップへ戻る