Chronocoin(クロノコイン)登録から購入まで解説:カルダノ佐々木健二氏参加注目!

ポイントシステム概要

Timecoin・Timepointは上場を控え、既に上場されているTimicoin(TMC)(CoinMarketCap)との混同を避ける為Chronocoin・Chronopointに名称変更し、マイクロソフトに表彰されたBeacon技術を利用したビジネスモデルの特許を出願しました(名称変更に伴いサイトURLも変更を行い、随時変更していきます)。 ※以前のtimecoin-jp.comにアクセスされてもリダイレクトされますので、よろしくお願いいたします。

システム概要

 

システム利用の準備

 

まずは加盟店はスマートフォン(タブレット)などのハードウェアに店舗用のアプリケーションをインストールしてもらいます。

 

ポイントシステム概要

 

利用者は:

 

利用者はポイントを得ます、そのポイントを消費して割引や特典を獲得する場合、スマートフォンのQRコードやフェリカなどの機能を用いて店舗用のアプリケーションと連携し、ポイント消費のやり取りを行います。

 

加盟店は:

 

店内に設置したBeaconの電波を受信して、利用者の滞在情報を取得→アプリケーションとBeaconを連携→滞在情報をサーバーに送信。

 

加盟店毎にポイントアップの設定など付与するポイントを制御し、クラウド上・ブロックチェーン上で管理を行います。

 

 

ポイント獲得の流れ

 

ポイントシステム概要

 

画像のように、加盟店の営業内容によりポイント付加の条件が変わります。

 

画像では、滞在時間によりポイントが付加される事例を紹介していますが、お客様の回転数を上げたい加盟店様もあります。

 

そのような場合(お昼の時間帯の飲食店など)、30分以内に退転すればポイント付与などと言う設定も可能です。

 

となれば、お客様と加盟店様側の意向がマッチすることになり、結果有効な時間の利用ができることになります。

 

加盟企業による、イベントの提供

 

お客様のスマートフォンアプリケーションに、イベント情報を配信し来店を促します。

 

ポイントシステム概要

 

お客様の行動履歴を集約、加盟店はマーケット情報を取得しTime Innovationに送る事により、情報をもとに集客が難しい時間帯(状況に応じた)にTimePoint2倍などのキャンペーンなどを行う事が出来きます。

 

このように、ピンポイントのイベントを行う事が可能となり、無駄な情報配信を行わなくても済みます。

 

※ここで言うイベントは、タイムサービスやお客様個人に対するピンポイントサービスなど、小さなイベントも含む。

 

コンサルティング会社との提携

 

ポイントシステム概要

 

スマートフォンアプリケーションが普及するとともに、利用者の行動履歴が蓄積され認識されやすくなり、マーケティングデータを取りやすくなります。

 

コンサルティング外車へ集約してマーケット情報を提供し、その情報を店舗へ提供することで集客につなげる配信が可能となります。

 

一般ユーザーからの情報だけでなく、様々な方法を用いビジネスを成立させます。

 

クロノコインの購入方法はこちらで詳しく解説しています。

Timeinnovation,ChronoCoin.ChronoPoint

トップへ戻る